ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 分類でさがす > 町政情報 > 町の紹介 > 広報 > 広報とうべつ・まちの話題 > 【時事】宮司町長二期目の初登庁  H29.8.2

【時事】宮司町長二期目の初登庁  H29.8.2

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年8月2日更新

 7月23日(日曜日)に実施された当別町長選挙で当選した宮司正毅氏が、8月2日二期目を迎え初登庁しました。庁舎前には地域住民、町議会議員、職員ら約150人が集まり、宮司町長を花束で祝福しました。

 登庁後、議場にて町職員に対し、二期目就任の挨拶を行い、「これまでの慣例に捉われず、現場を自分の目で見て、アイディアを提案し、しっかりと議論を積み重ねて、物事に挑んでほしい」と話ました。また、「道の駅やふるさと納税を駆使して、町にお金を落とさせる仕組みづくりを考え、確かな経済力を養い、2万人の人口に戻すことを目指す」と意気込みを伝えました。

町長二期目初登庁にて花束をもらう写真 二期目初登庁で拍手の中歩く町長2 

二期目初登庁で議場で挨拶する町長2 二期目初登庁で議場で挨拶する町長3