ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 分類でさがす > 町政情報 > 町の紹介 > 広報 > 広報とうべつ・まちの話題 > 【時事】活動20周年! 当別アンサンブルファミリー定期演奏会 H29.10.1

【時事】活動20周年! 当別アンサンブルファミリー定期演奏会 H29.10.1

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年10月2日更新

 当別町で活動する社会人吹奏楽団の当別アンサンブルファミリー(鰐渕真太郎団長)の第20回定期演奏会が白樺コミュニティーセンターで開催されました。

 20回を記念して行われた企画は、以前好評だったおはなしクラシック。モンゴルの民話「スーホの白い馬」を、語りはテレビショッピングでもおなじみの金田一 仁志さん、影絵芝居は藤女子大・保育学科3年生の協力で行われ、演奏はもちろん語りの熱演やスクリーンの影絵に観客はくぎ付けでした。

 また、指揮者を体験できるコーナーでは、4人が指揮者に挑戦。指揮者を体験した当別小2年の清水愛叶(まなと)くんは、「棒を振って、演奏を動かすのが楽しかった。またやりたい」と目を輝かせて教えてくれました。

 12月には、当別アンサンブルファミリーの「20周年記念演奏会」が、札幌コンサートホールKitataで開催されるそうです(詳細は、当別アンサンブルファミリーホームページでご確認ください)。こちらもお楽しみに!

1 2

3 4