ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 分類でさがす > 町政情報 > 町の紹介 > 広報 > 広報とうべつ・まちの話題 > 【時事】ことぶき大生と当別高生が餃子づくり! H30.10.30

【時事】ことぶき大生と当別高生が餃子づくり! H30.10.30

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年10月30日更新

 学びを生きがいと仲間づくりにつなげる「ことぶき大学」の受講生20人が当別高を訪れ、家政科2年14人と、「餃子づくり」を楽しみました。

 メニューは、高校生が考案した中華料理で、「洋風、しそ、えびとニラ、しいたけ」の4種類の餃子をメインに、チンジャオロースなどの副菜、スープにデザートと盛りだくさん。高校生がレシピや調理のコツなどを高齢者に伝えながら調理すると、自然と会話も弾みました。調理と同時に後片付けを進める高齢者の手際の良さに、高校生が感心する場面も見られるなど、互いに学ぶことも多かったようです。

 美味しく試食した後には、同高吹奏楽部によるミニコンサートや、町食生活改善協議会会員を講師に「食」の講話も行われました。「1日に必要な野菜の量は?」との話題に、「野菜はひと握りで約50グラム。その7個分、350グラムの野菜を1日に食べましょう!」と、野菜摂取量の目安も学びました。

1 2

3 4