ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

通知カードの再交付について

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年1月19日更新

通知カードを紛失した場合等は、再交付することができます(有料)。

通知カードの再交付をせずにマイナンバーカードを作ることもできます(初回無料)。

通知カードの再交付は、申請受付後、住民票の住所宛に郵送されます。

通知カードの再交付申請

申請に必要なもの

1.通知カード再交付申請書

2.再交付手数料

3.本人確認書類

  • Aから1点 または Bから2点

運転免許証、運転経歴証明書(交付年月日が平成24年4月1日以降のものに限る)、パスポート、住民基本台帳カード(顔写真付)、在留カード、特別永住者証明書、身体障がい者手帳、一時比護許可証または仮滞在許可証、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳

健康保険・介護保険・後期高齢者医療の被保険者証、医療受給者証、各種年金手帳、児童扶養手当証書、特別児童扶養手当証書、生活保護受給者証、本人名義の預金通帳、官公庁発行の身分証明書、民間企業の社員証、学生証、学校名が記載された各種書類

4.通知カードの紛失、消失等を証明する書類

  • 自宅の外で紛失した場合は、あらかじめ警察署に遺失届を提出し、警察署の連絡先と遺失届の受理番号を控えてきてください。
  • 消失等の場合には、消防署または役場で発行する罹災証明書

5.代理人が再交付手続きをする場合は、次の書類も必要です

  • 戸籍謄(抄)本、登記事項証明書など法定代理人の権限を証明する書類(親権者の方で、住民票上親子関係が確認できる場合や、当別町に本籍がある場合は不要です。)
  • 任意代理人が手続きする場合は委任状