ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 分類でさがす > しごとの情報 > 産業振興 > 農林業振興 > 当別町農業委員会 > 新たな農業委員会制度が始まりました!

新たな農業委員会制度が始まりました!

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年11月15日更新

農業委員会法の改正に伴い、農業委員選挙が廃止となり町長による任命制へ変更、農地最適化推進委員が新設されました。 今回の改正に基づき、これまで以上に担い手への農地集積・集約化や耕作放棄地発生防止・解消へと努めていくことになります。

農業委員、農地最適化推進委員選任のイメージ

(1)農業委員の選出方法の変更
 ●公選制から地域推薦・公募に
 ●認定農業者を過半数以上に
 ●利害関係者以外も登用を
 ●女性や青年の登用促進を

(2)農業委員会の役割の強化
 農業委員会は農地法の許認可事務だけでなく、これまで以上に担い手への農地集約・集積化、耕作放棄地の発生防止・解消、農業への新規参入の促進に積極的に取り組んでいきます。

(3)農地利用最適化推進委員制度
 農業委員会は必要に応じて地域で活動する推進委員を委嘱することができます。

※ 当別町は農地の集積率が高く、遊休農地の割合が低いので、農地利用最適化推進委員を置かなくてよい市町村になっています。

◎今後について
 ●新たな農業委員の推薦・公募等は平成29年1月以降を予定
 ●平成29年6月議会で同意をいただき、その後、町長が任命する予定