ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

農業者年金制度について

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年1月6日更新

農業者年金の加入要件

 ・ 国民年金の第1号被保険者(ただし、保険料納付免除者でないこと)

 ・ 20歳以上60歳未満の方

 ・ 年に60日以上農業に従事している方

農業者年金のメリット

★少子高齢化社会に強い年金です。

 自ら納めた保険料とその運用収入を基に年金額が決まる確定拠出型年金です。

★保険料の額は自由に決められます。

 自分が必要とする年金額に応じて、月額20,000円から67,000円までの千円単位で自由に選択できます。

★終身保険で80歳までの保証付きです。

 年金は満65歳から生涯支給されます。加入者及び受給者が80歳前に亡くなった場合でも、80歳までに受取れるはずであった年金額が遺族に支給されます。

★保険料の国庫補助制度があります。

 認定農業者で青色申告をしているなど、農業の担い手となる方には国から月額最高10,000円の保険料補助があります。(年齢及び所得制限あり)

★公的年金ならではの税制上の優遇措置があります。

 支払った保険料は、全額が社会保険料控除の対象になり、所得税・住民税の節税につながります。

★加入手続き

 手続きや詳細については、JA(北石狩農業協同組合営農振興課)又は農業委員会事務局にお問い合わせ下さい。

農業者年金関連ホームページ

 農業者年金制度について、より詳しい内容は独立行政法人農業者年金基金のホームページをご覧下さい。