ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 分類でさがす > くらしの情報 > 消防・防災 > 消防 > 石狩北部地区消防事務組合 当別消防署 > 平成29年 秋の火災予防運動を実施しました!!

平成29年 秋の火災予防運動を実施しました!!

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年4月18日更新

 当別消防署・当別消防団では、10月15日(日曜日)から31日(火曜日)までの17日間において、「秋の火災予防運動」を実施しました。期間中には、消防署をはじめ、町内の各事業所へ火災予防運動ののぼりの掲揚、火災予防ポスターの掲示、火災予防に関する通知文の送付を行い、また、消防署職員、女性消防団員により町内在住の一人暮らしの高齢者宅を訪問し、さらには、9月にオープンした「北欧の風道の駅とうべつ」にて住宅用火災警報器PRティッシュ等を配布しながら火災予防街頭広報を実施することで、町民の方々へより広く火災予防を呼びかけました。

 これからの時期はどんどん寒くなり、暖房機器の使用が増えます。そのため、より一層の火災予防を心がけるようお願い致します。

 火災が発生した際に早期に知らせてくれる、住民の皆さんの命を守る住宅用火災警報器は、設置が義務化されてから約9年が経過しました。平成29年11月現在の当別町の住宅用火災警報器の設置率は、約80%です。さらなる設置率の向上を目指し、また、火災のない街当別町を目指しましょう!

 尚、火災予防運動期間中に火災は発生しておりません。

  火災予防街頭広報①   火災予防街頭広報②