ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

令和元年火災概要

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年2月10日更新

 令和元年の火災件数は、10件で前年より3件の増加となり、火災による死者が1名発生しました。

 火災種別の内訳で比べると、建物火災は3件減少しましたが、車両火災とその他火災はそれぞれ3件増加しました。

 火災の原因はさまざまで、建物火災では原因の特定に至らないものもありましたが、車両火災では、建設機械や農業用機械のエンジン部分などの整備、清掃不良など、その他火災では、火入れやゴミ焼き、タバコのポイ捨てなどです。

 このように、自らが気を付けることで防げる火災が毎年のように発生しています。

 火災は、ちょっとした不注意や油断から簡単に発生してしまいます。皆さまの命や大切なものを守るため、皆さま一人一人の防火意識を高め「火災のない街、当別町!」を目指しましょう。

【月別発生状況】
件 数種別
1月
2月建物
3月
4月車両1・その他1
5月車両1・その他1
6月林野1・車両1
7月建物
8月
9月
10月車両1・その他1
11月
12月
件数合計10建物2・林野1・車両4・その他3

火災の写真

  車両火災1  車両火災2