ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 分類でさがす > しごとの情報 > 産業振興 > エネルギー施策 > 「当別町再生可能エネルギー活用推進条例」について

「当別町再生可能エネルギー活用推進条例」について

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年4月12日更新
 地球温暖化や、東日本大震災の発生により、我が国のエネルギー政策のあり方は大きな転換期を迎え、地方自治体にも、自分たちの町の安全・安心を守り、発展させるためのエネルギー政策が求められています。

 町では、これまで、ゆとりっち稲穂太陽光発電所の設置や、総合体育館に災害時にも使用可能な太陽光発電・ペレットボイラーを導入するなど、再生可能エネルギーの導入・活用に努めてきましたが、このたび、町、町民、事業者が一体となって、その動きを更に加速させ、町の基幹産業である農業や豊富な森林資源などから産み出される再生可能エネルギーの活用をより一層推進し、地域経済の活性化を目指すため、「再生可能エネルギー活用推進条例」を制定しました。