ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 分類でさがす > くらしの情報 > 健康・福祉・医療 > 高齢者福祉 > 総合事業「みなし指定」の更新申請について
ホーム > 分類でさがす > くらしの情報 > ライフステージ > 高齢者・介護 > 総合事業「みなし指定」の更新申請について

総合事業「みなし指定」の更新申請について

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年1月16日更新

 平成27年3月31日以前に、介護予防訪問介護・介護予防通所介護の事業所指定を受けていた事業所につきましては、介護予防・日常生活支援総合事業(以下「総合事業」という。)の「みなし指定」有効期間が、平成30年3月31日で終了します。

  平成30年4月1日以降も引き続き、要支援者や事業対象者に総合事業のサービス提供を行うには、指定更新手続きが必要になります。

指定更新が必要な事業所

平成27年3月31日以前に、介護予防訪問介護または介護予防通所介護の指定を受けた事業所(サービス種別コード「A1」または「A5」の事業所)で、平成30年4月1日以降も引き続き総合事業(「現行相当」)のサービス提供を予定している事業所

受付期限

平成30年3月16日(金曜日)(厳守)

提出書類

指定更新に係る提出書類一覧 [Wordファイル/23KB]に示す書類

申請様式[その他のファイル/240KB]

提出方法

介護支援係窓口へ持参または郵送

 指定更新の効力と申請先

「みなし指定」の有効期間終了に伴う更新の効力は、更新手続きを行った市町村のみに生じることとなっています。したがって、利用者の保険者(市町村)ごとに、更新手続きを行う必要があります。

1 当別町の「みなし指定」事業所

 当別町内の利用者に引き続きサービス提供を行う場合には、当別町へ指定更新申請が必要です。

 当別町外の利用者(住所地特例対象者を除く)に引き続きサービスの提供を行う場合には、利用者の住所地の保険者(市町村)への指定更新申請が必要です。必要書類・申請期限等については、各保険者にお問い合わせください。

2 当別町外の「みなし指定」事業所

 当別町の被保険者に引き続きサービス提供を行う場合には、当別町への指定更新申請が必要です。