ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 分類でさがす > くらしの情報 > 健康・福祉・医療 > 高齢者福祉 > 当別町地域福祉支援台帳の作成について

当別町地域福祉支援台帳の作成について

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年12月3日更新
 町では、地域で支援を必要をする可能性のある要配慮者への平常時の見守りの強化と災害時の避難支援活動等の体制づくりを図るため「当別町地域福祉支援台帳」を作成し、関係機関等との情報共有を進めています。
 この台帳は町に住むすべての人が助け合い、安心して暮らせるまちづくりを推進するための大切な情報です。
 新たに対象になる方等には、戸別訪問、郵送等により地域福祉支援台帳へ登録することへの本人同意を確認しますので、ご理解とご協力をお願いします。

対象者

1.要介護認定者(要介護3以上の方)
2.重度障がい者(身体障がい1級・2級)、知的障がい(A判定)または精神障がい(1級・2級)の方
3.65歳以上のひとり暮らしの方
4.65歳以上の夫婦のみの世帯の方
5.その他、支援が必要と認められる方

台帳への登録について本人の同意を確認します

新たに要介護3以上、重度障がい者となった方など

戸別訪問等を行い、本人の同意を確認します。
※戸別訪問の実施を個別に連絡します。
※戸別訪問では緊急連絡先や見守りに必要な情報を確認します。

65歳以上で新たにひとり暮らし高齢者、高齢者夫婦世帯になった方など

簡易書留郵便で、この事業の詳しい説明と本人の同意の確認方法などをお知らせします。
※台帳への登録を希望しない方は郵送された申出書に記入し返送するか、福祉係窓口へ提出ください。
◎過去に台帳への登録を希望されなかった方へも2年置きに改めて郵便でお知らせします。

問合せ

保健福祉課福祉係
(ゆとろ内・☎23-3019)