ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 分類でさがす > くらしの情報 > 環境・ごみ・リサイクル > ごみ・リサイクル > 危険ごみ(蛍光管・電球)の出し方が変わります

危険ごみ(蛍光管・電球)の出し方が変わります

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年6月29日更新

危険ごみ(蛍光管・電球)の出し方について、平成30年7月から下記のとおり変わります。

なお、電池・水銀製品の出し方は、これまでどおりで変更ありません。

平成30年6月まで

品名状態収集日分別区分
蛍光管割れていない燃やせるごみ日 危険ごみ(無料)
割れたり破損している燃えないごみの日燃えないごみ(有料)
電球(LEDも含む)割れている又は割れていないにかかわらず燃えないごみの日燃えないごみ(有料)

平成30年7月から

品名状態収集日分別区分

蛍  光 管
電球(LEDも含む)

割れている又は割れていないにかかわらず燃やせるごみ日 危険ごみ(無料)

透明または半透明の袋に入れて出してください。

注意事項

  • 蛍光管及び電球は、破損していないものと破損しているものを必ず分別し、袋を分けて出してください。
  • 割れたり破損した蛍光管と電球については、新聞紙等に包んで出してください。