ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 分類でさがす > くらしの情報 > ライフステージ > 子育て > 幼児教育・保育の無償化に関する手続きについて
ホーム > 分類でさがす > くらしの情報 > 教育 > 子ども・子育て > 幼児教育・保育の無償化に関する手続きについて

幼児教育・保育の無償化に関する手続きについて

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年9月3日更新

幼児教育・保育の無償化に関する手続きについて

 

 無償化の対象となる手続きは、利用している施設・事業によって異なりますので、下記をご確認ください。

保育所、認定こども園(保育)、地域型保育

 
 保育料の無償化に関する新たな手続きはありません。
 

幼稚園(新制度移行園)、認定こども園(教育)

 
 預かり保育を利用しない場合は、無償化に関する新たな手続きはありません。
 預かり保育を利用する場合で、保育を必要とする理由のある方は、申請をし町の認定を受けることで預かり保育利用料が上限の範囲で無償化されます。申請書は利用している施設へ提出してください。

幼稚園(新制度未移行園)


 保育料の無償化の対象となるために認定を受ける必要があります。申請書は利用している施設へ提出してください。
預かり保育を利用する場合で、保育を必要とする理由のある方は、申請をし町の認定を受けることで預かり保育利用料が上限の範囲で無償化されます。

認可外保育施設、一時預かり事業、病児保育事業、ファミリーサポートセンター事業


 無償化の対象となるためには、保育の必要性の認定を受ける必要があります。
 申請書は当別町教育委員会子ども未来課子ども係(当別町総合保健福祉センターゆとろ内)へ提出してください。

企業主導型保育事業


 利用している施設にご確認ください。