ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 分類でさがす > 観光情報 > イベント > 四季のイベント > 2019年「札沼線まちもの語り」について

2019年「札沼線まちもの語り」について

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年6月4日更新

 JR北海道では、昨年度ご好評頂いた札沼線沿線自治体との連携企画「当別、新十津川、浦臼、月形まちもの語り」を本年度も実施します。

 2019年は第一弾として、6月から札沼線3町の「当別町」「新十津川町」「月形町」で実施。第二弾では9月に「浦臼町」で日帰りツアーを実施します。「もうひとつの開拓の歴史」を共通テーマに、各町の歴史や産業を「語りびと」とのふれあいを通じて再発見していただけます。1コースだけでのご参加はもちろん、他のコースにもご参加いただき4町の魅力を満喫いただくのもおすすめです。

 コースの設定にあわせて団体臨時列車「まちもの語り号」を運行いたします。この列車はツアーに参加されるお客様限定の列車となります。

【当別へのツアー詳細】

・出発日  第1回 2019年7月16日(火曜日)

        第2回 2019年7月18日(木曜日)

・時刻    札幌駅発 8時21分→札幌駅着 18時45分

・立ち寄り施設

        当別神社、当別伊達記念館、亜麻の花畑、スウェーデンヒルズ

        家具工房旅する木、北欧の風 道の駅とうべつ、ジビエ工房、当別ダム

亜麻の花   道の駅とうべつ  スウェーデンヒルズ

当別町 札沼線まちもの語り [その他のファイル/404KB]

ツアー詳細については、駅やツインプラザ(旅行センター)に展開されているパンフレット、もしくはJR北海道ホームページ内の国内ツアーをご覧ください。

ホームページ内では電子パンフレットを見ることができます。

JR北海道ホームページ http://www.jrhokkaido.co.jp/travel/tour/pack.html