ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 分類でさがす > 町政情報 > 計画・施策 > まちづくり・都市計画 > 当別ダム周辺地域の水資源保全地域指定について
ホーム > 分類でさがす > しごとの情報 > 産業振興 > 開発・区画整理 > 当別ダム周辺地域の水資源保全地域指定について

当別ダム周辺地域の水資源保全地域指定について

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年1月6日更新

 北海道は、平成25年4月1日付けで、「北海道水資源の保全に関する条例」を制定し、水資源保全地域として指定した地域については、権利の移転等の事前届け出制度の導入により、指定された地域の土地取引行為を、行政があらかじめ把握し、届け出をしたものに対して助言を行うことができる制度を創設しました。

 これに伴い当別町では、北海道に対して平成24年11月9日付けで当別ダムの集水区域全域を水資源保全地域として提案を行ったところ、北海道において平成25年4月1日付けで水資源保全地域として指定されました。

 つきましては、今後、指定区域内の土地の権利を移そうとするときは、契約締結の3か月前までに北海道(石狩振興局)への届け出が必要となります。

 なお、条例の内容、届け出の方法など詳しい情報につきましては、北海道のホームページ内とリンクさせていただきますので、ご参照ください。

リンク(北海道のホームページにリンクします)

 北海道水資源保全条例について

 事前届け出制について

 当別ダム地区水資源保全地域

 位置図

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)