ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 分類でさがす > くらしの情報 > 消防・防災 > 雪害 > 気温上昇による落雪等に気をつけましょう。

気温上昇による落雪等に気をつけましょう。

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年2月8日更新

気温の上昇により、屋根からの落雪、雪崩などが発生する可能性が高まることから、下記の点などにご注意ください。

屋根の雪下ろし

・一人で作業を行わず、家族やご近所にサポートを頼みましょう。
 ※やむを得ず一人で行う場合は、作業前に誰かに連絡しましょう。

・気温が高い日は、雪の底面が融け滑りやすくなりますので、なるべく気温が低い日に作業を行いましょう。

・風が強い日や吹雪の日はバランスを崩したり、足を踏み外したりする危険性が高いので、作業は行わないようにしましょう。

・命綱とヘルメット、すべりにくい靴を着用しましょう。また、命綱は、使う前によく点検しましょう。

・はしごは必ず固定しましょう。

・屋根の下に人がいないか確認しましょう。

・もしもの時に備えて携帯電話を持って作業しましょう。

屋根からの落雪

・気温の上昇により屋根の雪が融け、落ちやすい状態になっているので、軒下では絶対に遊ばないようにしましょう。
 また、近くを通るときは注意しましょう。

除雪

・除雪機に雪が詰まった場合は、必ずエンジンを停止してから確認を行いましょう。

・除雪機に巻き込まれない服装を心がけましょう。

・融雪槽等へ雪を捨てるの場合は、足を滑らせないように注意しましょう。

雪崩

・雪崩注意報などの気象情報の確認をしましょう。

・急な斜面に近づかないようにしましょう。