ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 分類でさがす > しごとの情報 > 産業振興 > 商工業振興 > ドローンによる緊急医療用品搬送の実証実験の実施について

ドローンによる緊急医療用品搬送の実証実験の実施について

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年10月4日更新

 エアロセンス株式会社および当別町が、ドローンを用いた緊急医療用品搬送の実証実験を、経済産業省北海道経済産業局協力のもと、2019年10月3日木曜日、当別町内において実施しました。

 官民共同によるドローンプロジェクトの実施は、道内では初めての試みとなります。

 1

背景

 現在、山間部および離島エリアで活発にドローンが利用されようとしており、人口減少・少子高齢化が進む北海道においても、新たな物流手段としてドローンに対する期待が年々高まりつつあります。

実証実験の概要と様子

 日時:2019年10月3日木曜日

 実施主体:エアロセンス株式会社、当別町

 協力:北海道医療大学、株式会社セコマ、ソフトバンク株式会社

 実施場所:北海道医療大学~当別川河川敷 (往復距離 約20km)

 機体情報:エアロセンス社製「AS-MC03-T(BOX)」

実施内容

 大規模災害時、避難場所までの道路が寸断され住民が取り残された事態を想定し、緊急医療用品(提供:北海道医療大学)と軽食(提供:株式会社セコマ)の合計1kg程度を積載したドローンを、北海道医療大学から当別川河川敷に向け発進。

 当別川河川敷に到着後、住民は緊急医療用品、軽食を積み下ろすとともに、現在地情報を入力したスマートフォンを積載し、北海道医療大学に向けて再飛行。

 北海道医療大学にドローンが到着後、搬送されてきたスマートフォンに入力されている情報をもとに、当別町長が災害時対応を指示。

 本プロジェクトでは携帯電話等の上空利用に係る実用化試験局の免許を取得した、ソフトバンク株式会社の携帯電話網を利用し、ドローンからの映像および運転制御をセルラー通信で行う目視外飛行の搬送を実施した。

 2 3