ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

町たばこ税

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年1月6日更新

町たばこ税とは

 たばこ税は、国産たばこの製造者、特定販売業者(輸入業者)および卸販売業者が小売販売業者に売り渡したたばこに対してかかる税です。

納税義務者について

  • 国産たばこの製造者
  • 特定販売業者
  • 卸売販売業者

 ※たばこの小売販売価格には、すでにたばこ税が含まれていますので、実際に税金を負担しているのは消費者自身です。

税率について

<製造たばこ(旧3級品を除く)>

 1,000本あたり5,262円

<旧3級品製造たばこに対する特例税率の廃止について>

 平成27年度税制改正により、旧3級品製造たばこに係る特例税率(1,000本あたり2,495円)を平成28年4月1日から平成31年4月1日までの間で段階的に引上げをし、特例税率を廃止します。

税率(1,000本あたり)

現行

2,495円

平成28年4月1日~平成29年3月31日

2,925円

平成29年4月1日~平成30年3月31日

3,355円

平成30年4月1日~平成31年3月31日

4,000円

平成31年4月1日~

5,262円

  ※旧3級品は、エコー、わかば、しんせい、ゴールデンバット(ボックスを除く)、バイオレット、ウルマの6銘柄です。

申告と納入

 国産たばこ製造者などが、毎月1日から末日までの間に売り渡したたばこに対して算出した税額を翌月末日までに申告して納めます。