ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

国民健康保険証について

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年5月1日更新

国民健康保険証について

 

保険証の更新  

 保険証は、8月1日に更新します。新しい保険証はすでに交付されている保険証の有効期限が切れる7月31日までに間に合うように郵送いたします。

 7月31日を過ぎても保険証が届かないときは、住民課国保・後期高齢者医療係までお問い合わせください。

  

保険証の返却

 職場の健康保険に加入するなどして、国保を脱退するときは必ず保険証を住民課国保・後期高齢者医療係にお返しください。

 国保の資格を喪失したあとで、国保の保険証を使用して診療を受けたときは、国保がいったん負担した医療費を返していただくことになりますので、ご注意ください。

 

窓口負担割合

 病気やけがで診療を受けるとき、保険証を提示することで費用の2割から3割が自己負担となります。年齢により費用の自己負担割合は変わります。

対象被保険者数

自己負担割合 

義務教育就学前までの方 

2割 

義務教育就学から69歳までの方 

3割 

現役並み所得者を除く70歳から74歳までの方

2割

現役並み所得者の70歳から74歳までの方

3割

70歳から74歳までの方には、平成30年8月から、国民健康保険証と高齢受給者証が一体型となった保険証を交付します。