ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

新型コロナウイルス感染症に関する総合相談窓口について

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年7月1日更新

当別町の皆様へ

 新型コロナウイルス感染症の影響により、個人(生活)に関するご相談、事業者に関する経済活動等に関する相談窓口を次のとおり設置しています。各種制度をご案内するとともに、適切な窓口をお知らせしますので、お問合せください。
 総合窓口 総務課総務係(23-2330)

(1)個人(生活)に関する相談、支援について(特別定額給付金・生活福祉資金など)

(2)事業者向けの相談・支援について(国、北海道、当別町の支援策)

(3)健康に関する相談

(1)個人(生活)に関する相談、支援について(特別定額給付金・生活福祉資金など)

【特別定額給付金】

 新型コロナウイルス感染症の拡大を考慮し、簡素な仕組みで迅速に各家庭への支援を行うため、特別定額給付金事業を実施します。
 詳細については、下記のページをご覧ください。

【新型コロナウイルス】特別定額給付金(仮称)の概要等

【子育て世帯への臨時特別給付金について】

 新型コロナウイルス感染症対策として、児童手当を受給する世帯(0歳から中学生のいる世帯)に対し、給付金(1人1万円)を支給します。

 相談先 保健福祉課福祉係(23-3019)

【税金のお支払い期間猶予の相談について】

 新型コロナウイルス感染症の影響により、税金の支払いが困難な方に、お支払い期間の猶予などの相談を受け付けています。
 詳細については、下記のページをご覧ください。

新型コロナウィルス感染症の影響により納税が困難な方に対する納税の猶予等について

【国保税の減免について】

  当別町の国民健康保険に加入している世帯で、新型コロナウイルス感染症の影響により、世帯の主たる生計維持者の令和2年の収入が一定程度減少した世帯について、国民健康保険税の減免を受けることができます。
 減免を希望される場合は、申請が必要です。申請を希望される方は、必ず来庁前に電話でご相談ください。 (郵送での申請も可能です。)
 詳細については、下記のページをご覧ください。

新型コロナウイルス感染症の影響による国保税の減免について

【後期高齢者医療保険料の減免について】

  北海道後期高齢者医療保険に加入している方で、新型コロナウイルス感染症の影響により、世帯の主たる生計維持者の令和2年の収入が一定程度減少した方について、後期高齢者医療保険料の減免を受けることができます。
 減免を希望される場合は、申請が必要です。申請を希望される方は、必ず来庁前に電話でご相談ください。 (郵送での申請も可能です)
 詳細については、下記のページをご覧ください。

新型コロナウイルス感染症の影響による後期高齢者医療保険料の減免について

【傷病手当金の支給について】

 当別町国民健康保険の加入者が、新型コロナウイルス感染症に感染した場合または感染が疑われた場合に、療養のために働くことができなかった期間を対象に、傷病手当金を支給します。
 詳細については、下記のページをご覧ください。

 国民健康保険の傷病手当金の支給について

【(後期高齢者医療)傷病手当金の支給について】

 後期高齢者医療保険の加入者が、新型コロナウイルス感染症に感染した場合または感染が疑われた場合に、療養のために働くことができなかった期間を対象に、傷病手当金を支給します。
 詳細については、下記のページをご覧ください。

傷病手当金の支給について(後期高齢者医療)

【生活福祉資金(緊急小口資金)特例貸付について】

 当別町社会福祉協議会では、新型コロナウイルス感染症の影響により収入が減少した世帯へ生活費の貸付を行っています。
 詳細については、下記のページをご覧ください。

生活福祉資金(緊急小口資金)特例貸付について

【住宅確保給付金(家賃補助)について】

 離職等により経済的に困窮し、住居を喪失または喪失するおそれのある方を対象として、給付金を支給することで、住居及び就労機会の確保に向けた支援を行います。

 相談先 生活就労サポートセンターいしかり(27-6400)

【上下水道料金に関する相談について】

 新型コロナウイルス感染症の影響により、一時的に水道料金・下水道使用料の支払いが困難になった場合はご相談ください。
 詳細については、下記のページをご覧ください。

新型コロナウイルス感染症の影響による水道料金・下水道使用料の取り扱いについて

【介護保険料の減免について】

  一定の要件に該当する方は、申請により介護保険料の減免を受けることができます。対象となる場合は、介護保険係へご相談ください。
 詳細については、下記のページをご覧ください。

新型コロナウィルス感染症の影響を受けた65歳以上の方の介護保険料の減免について

【介護保険料に関する相談について】

 新型コロナウイルス感染症の影響により、一時的に介護保険料の支払いが困難になった場合はご相談ください。

 相談先 介護課介護保険係(23-3029)

【町営住宅使用料に関する相談について】

 新型コロナウイルス感染症の影響により、一時的に町営住宅使用料等の支払いが困難になった場合はご相談ください。

 相談先 建設課建築住宅係(23-3147)

(2)事業者向けの相談・支援について(国、北海道、当別町の支援策)

【休業協力・感染リスク軽減支援金】

 新型コロナウイルス感染症対策のため、店舗の休業や酒類提供の自粛、感染防止への対策を実施する事業者の方に支援金を支給します。
 詳細については、下記のページをご覧ください。

新型コロナウイルスに係る休業等支援の給付

【当別町中小企業特別融資災害等対策資金】

 町内に事業所または店舗がある事業者の方で、新型コロナウイルス感染症の影響により売上が減少している方に対して信用保証料及び貸し付けに係る利子を全額助成します。
 詳細については、下記のページをご覧ください。

「新型コロナウイルス感染症」で資金繰りに不安を感じている事業者の皆様へ

【持続化給付金】

 経済産業省・農林水産省では、中小企業者、個人事業者等で新型コロナウイルス感染症の影響により、売上が前年同月比で50%以上減少している事業者の方へ給付金を支給します。
 詳細については、下記のページをご覧ください。

持続化給付金(経済産業省のページ)

持続化給付金(農林水産省のページ)

持続化給付金事務局のページ

【国が行う支援等について】

 国(経済産業省、厚生労働省等)において、事業者を支援するため、給付金や融資等の各種支援を行っています。
 詳細については、下記のページをご覧ください。

くらしとしごとの支援策(首相官邸ホームページ)

医療・健康、生活のお役立ち情報(首相官邸ホームページ)

新型コロナウイルス感染症関連(経済産業省ホームページ)

新型コロナウイルス感染症について(厚生労働省ホームページ)

【北海道が行う支援等について】

 北海道では、新型コロナウイルス感染症により影響を受けている中小企業者等を支援するために相談窓口を設置しているほか、労働者向けの相談窓口を設置しています。
 詳細については、下記のページをご覧ください。

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関する情報(北海道ホームページ)

(3)健康に関する相談

 次のいずれかに該当する場合は、すぐにご相談ください。
 (該当しない場合の相談も可能です。)

◎息苦しさ(呼吸困難)、強いだるさ(倦怠感)、高熱等の強い症状のいずれかがある場合

◎重症化しやすい方で、発熱や咳などの比較的軽い風邪の症状がある場合
(高齢者、糖尿病、心不全、呼吸器疾患(COPD等)の基礎疾患がある方や人工透析を受けている方、免疫抑制剤や抗がん剤等を使用している方)

◎上記以外の方で発熱や咳など比較的軽い症状が続く場合
(症状が4日以上続く場合には必ずご相談ください。症状には個人差がありますので、強い症状と思う場合にはすぐに相談してください。解熱剤などを飲み続けなければならない人も同様です。)

相談先

江別保健所 (011-383-2111)

北海道保健福祉部健康安全局地域保健課(011-204-5020)

救急安心センターさっぽろ(#7119または011-272-7119)