ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

日本脳炎定期予防接種

印刷用ページを表示する 掲載日:2021年4月1日更新

【重要】 日本脳炎定期予防接種のワクチン供給について

  全国的に日本脳炎ワクチンが令和3年12月頃まで大幅に不足する見込みです。そのため供給が安定するまで当面の間、次の方が優先的接種の対象となります。

  1. 4回接種のうち、1期の初回2回接種(通常3歳ごろに接種します)
  2. 定期接種として接種を受けられる年齢の上限が近づいている方(20歳を迎える直前の方、13歳を迎える直前の方は4回接種を終了してください)

(詳細 外部リンク)
厚生労働省「乾燥細胞培養日本脳炎ワクチンの定期の予防接種に係る対応について」

 日本脳炎とは 

 日本脳炎ウイルスに感染すると発生する疾病で、ウイルスの存在は西日本を中心に広く確認されており、蚊により媒介されます。感染者の100~1000人に1人が脳炎等を発症すると考えられており、潜伏期間7~10日です。発症すると、高熱、頭痛、嘔吐、意識障害やけいれんなどの症状を示す急性脳炎を起こします。致命率は20~40%程度と高く、神経学的後遺症を残す例が多くあります。

予防接種について

対象者と接種間隔

予防接種対象者、標準的な接種間隔は以下のとおりです。

種類対象者標準的な接種期間回数接種間隔
1期生後6ヵ月~90ヵ月
      (7歳6ヵ月)未満
初回:3歳以上4歳未満

2回

6日~28日
追加:4歳以上5歳未満1回初回接種終了後6ヵ月以上
(おおむね1年)
2期9歳以上13歳未満9歳以上10歳未満1回

 

特例措置として、平成18年4月2日以前生まれで、20歳未満の方は定期予防接種として接種することができます。

料金

無料

※上記対象者の期間以外、20歳以上の方が接種した場合は、任意予防接種のため、有料になります。

下記以外の医療機関で接種を希望される方

進学や就職、かかりつけ医での接種等で下記実施医療機関以外で接種を希望される方は、償還払いでの接種ができます。

接種を希望する医療機関、接種日を決め、下記の申請書を担当係へ提出してください。

町外での定期予防接種をご希望する方へ~流れ [PDFファイル/100KB]

申請書 [PDFファイル/93KB]

予防接種を受けるときの注意

・ 母子健康手帳をお持ちください。

・ 予防接種の効果や副反応について不明な点がある場合は、接種を受ける前に医師や担当にご確認ください。

・ 受ける前は入浴(シャワー)をして、体や衣服を清潔にしておきましょう。

・ 当日は体調をよく観察して、普段とかわったところのないことを確認してください。

・ 以下の方は、予防接種を受けることができません。

  1. 明らかに発熱をしている方(37.5℃以上の発熱)
  2. 重篤な急性疾患にかかっていることが明らかな方
  3. 本剤の成分に対して、アナフィラキシーを呈したことが明らかな方
  4. その他、予防接種を行うことが不適当と医師が判断した方

・その他、不明な点などがありましたら、問い合わせ先までご連絡ください。

実施医療機関

事前に予約が必要です。

医療機関名住所電話番号
当別町勤医協当別診療所末広118-5223-3010
スウェーデン通り内科循環器科クリニック太美町1488-34825-3151
田園通りさわざき医院北栄町17-1325-2055
とうべつ整形外科六軒町72-425-5040
札幌市北海道医療大学病院北区あいの里2条5丁目011-778-7575
江別市あずま子ども家庭クリニック野幌住吉町25-10011-385-2500
ウルトラ内科小児科クリニック大麻栄町11-9011-688-8801
江別市立病院若草町6011-382-5151
おおあさ鈴木ファミリークリニック大麻扇町3-4011-386-5303
松尾こどもクリニック高砂町25-11江別メディカル3F011-384-8819 
よしなりこどもクリニック上江別東町44-17011-391-4470

※とうべつ整形外科は6歳以上の方のみ接種ができます。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)