ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

4回目接種について

ページID:0036670 更新日:2022年11月7日更新 印刷ページ表示

4回目接種について

接種対象者

※11月から4回目接種の接種間隔が短縮されました。

オミクロン株対応ワクチンの接種対象者

従来ワクチンで3回目接種を完了した日から3か月以上経過している方で12歳以上の方が対象となります。(ファイザー社製オミクロン株対応ワクチンに限る)

※基礎疾患の有無等の条件はありません。従来株ワクチンを3回受けた12歳以上の方は、オミクロン株対応ワクチン(2価ワクチン)を使って4回目接種を受けることができます。

※3回目接種でオミクロン株対応ワクチンの接種を受けた方は4回目接種はできません。

従来株ワクチンの接種対象者

4回目接種対象者は、3回目接種を完了した日から3か月以上経過している方で

  1. 60歳以上の方
  2. 18歳以上59歳以下で基礎疾患を有する方、新型コロナウイルス感染症にかかった場合の重症化リスクが高いと医師が認める方
    ※接種予約時及び接種前の予診時に、基礎疾患の確認をさせていただきます。
  3. 18歳以上59歳以下の医療従事者及び高齢者施設等の従事者

となっております。

 

基礎疾患の範囲

・以下の病気や状態の方で、通院/入院している方

  1. 慢性の呼吸器の病気
  2. 慢性の心臓病(高血圧を含む。)
  3. 慢性の腎臓病
  4. 慢性の肝臓病(肝硬変等)
  5. インスリンや飲み薬で治療中の糖尿病又は他の病気を併発している糖尿病
  6. 血液の病気(ただし、鉄欠乏性貧血を除く。)
  7. 免疫の機能が低下する病気(治療中の悪性腫瘍を含む。)
  8. ステロイドなど、免疫の機能を低下させる治療を受けている
  9. 免疫の異常を伴う神経疾患や神経筋疾患
  10. 神経疾患や神経筋疾患が原因で身体の機能が衰えた状態(呼吸障害等)
  11. 染色体異常
  12. 重症心身障害(重度の肢体不自由と重度の知的障害とが重複した状態)
  13. 睡眠時無呼吸症候群
  14. 重い精神疾患(精神疾患の治療のため入院している、精神障害者保健福祉手帳を所持している、又は自立支援医療(精神通院医療)で「重度かつ継続」に該当する場合)や知的障害(療育手帳を所持している場合)

・基準(BMI30以上)を満たす肥満の方

使用ワクチンと接種間隔

従来株ワクチン(ファイザー社、モデルナ社)を使用し、3回目接種から3か月経過後、4回目の接種が可能になります。

※11月よりファイザー社製オミクロン株(BA.4/5)ワクチンを導入します。

接種費用

無料

集団接種について

・接種は原則として、住民票がある市町村で受けることになります。

・接種を受けるには、事前の予約が必要です。予約についてはこちら

住民票所在地以外でのワクチン接種についてはこちらをご確認ください。

接種時に必要なもの

以下のものを持参し、予約した接種会場で接種を受けてください。

  1. 接種券・予診票
  2. 本人確認書類(運転免許証、健康保険証等)

普段お薬を服用されている方は、お薬手帳があれば一緒にお持ちください。

接種券付き予診票や予防接種済証は、なくさないよう大切に保管してください。

接種券の発送方法について

当別町では、3回目のワクチン接種の記録が確認できた12歳以上の方全員に4回目接種券を送付します。

当別町で発行した接種券を使用して3回目の接種をした日から、3か月経過する前月に接種券を発送します。

※接種対象者は国で検討中であり、今後接種の対象者が広がる可能性があります。接種券は大切に保管してください。

他自治体で3回目接種した後に、当別町に転入してきた方はこちらをご覧ください