ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織・課名でさがす > 企画課 > 当別町人材育成基金活用推進事業について

当別町人材育成基金活用推進事業について

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年4月1日更新

当別町人材育成基金活用推進事業について

 当別町では活力と魅力に満ちたまちづくりを推進する人材を育成するため、自ら考え、自ら行う地域づくり事業に対して補助金の交付を通じ支援しています。

補助対象者

 当別町に1年以上在住または勤務している方、またこれらの方で構成する団体

補助対象事業

(1)教育、文化、産業等における調査研修事業

 自己形成や地域活性化のために、テーマを持って自主的に計画した調査研究または研修事業(国内:3日以上、国外5日以上)。

(2)人的交流、文化的交流、経済的交流等の事業

 スポーツや文化・経済活動による交流事業(国内:3日以上、国外5日以上)。

(3)住民の資質向上のための講演会等開催事業

 地域の活性化や文化・教養を高めることを目的とした講演会、講習会、イベント等を対象とし、内容や効果が地域や住民に広く還元されるもの。

(4)高校生の短期留学ホームステイ語学研修事業

 高校生を対象とした、英語圏での20日間程度の短期留学等で、町が指定するプログラムによるホームステイ語学研修事業。

(5)小中学校生のスポーツ大会参加事業

 地区予選を経て、全道・全国・国際大会に出場する小中学生を支援する事業

(6)その他人材育成のため町長が特に必要と認めた事業

補助対象経費

 
事業の内容補助対象経費補助金額
(1)及び(2)の事業 交通費、宿泊費、食費、受講料、負担金、参考図書、受講材料費その他町長が必要と認めたもの。ただし、当該事業等に国、道又はその他の団体等から助成がある場合は、当該額を控除した額とする。

 町長が必要と認めた補助対象経費の3分の2以内とする。ただし、個人は国内10万円、国外50万円を限度とし、団体は50万円を限度とする。

(3)の事業 報償費、印刷製本費、需用費、会場費その他町長が必要と認めたもの。ただし、当該事業等に国、道又はその他の団体等から助成がある場合及び事業参加者等から収入を得る場合は、当該額を控除した額とする。

 町長が必要と認めた補助対象経費の2分の1以内とする。ただし、50万円を限度とする。

(4)の事業 交通費(往復の航空運賃及び海外での交通機関運賃)及び海外姉妹都市ホームステイ研修に必要な経費。ただし、当該事業等に国、道又はその他の団体等から助成がある場合は、当該額を控除した額とする。

 町長が必要と認めた補助金対象経費の2分の1以内とする。ただし、個人は20万円、団体は40万円を限度とする。

(6)の事業 町長が必要と認めたもの。

 町長が必要と認めた金額とする。ただし、50万円を限度とする。

※(5)小中学校生のスポーツ大会参加事業については、当別町教育委員会で受付いたします。具体的な対象経費等については社会教育課(TEL 22-3834)までお問い合わせ下さい。

 

募集案内等について

  • (1)教育、文化、産業等における調査研修事業
  • (2)人的交流、文化的交流、経済的交流等の事業
  • (3)住民の資質向上のための講演会等開催事業
  • (6)その他人材育成のため町長が特に必要と認めた事業

 (1)~(3)及び(6)の事業についてのご案内は、「広報とうべつ」にてお知らせいたします。

  • (4)高校生の短期留学ホームステイ語学研修事業

 (4)の事業については、「高校生の短期留学海外姉妹都市(スウェーデン王国レクサンド市)ホームステイ研修事業」として募集いたします。なお、募集内容や留学時期等については「広報とうべつ」にてお知らせいたします。

  • (5)小中学校生のスポーツ大会参加事業

 (5)の事業については、社会教育課(TEL 22-3834)までお問い合わせ下さい。

 申請書等について

 (1)~(4)及び(6)の事業の申請書は、申請書ダウンロードページよりダウンロードして下さい。なお、募集時期等につきましては、「広報とうべつ」にてお知らせいたします。

 (5)の事業の申請書につきましては、社会教育課(TEL 22-3834)までお問い合わせ下さい。