ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 分類でさがす > しごとの情報 > 産業振興 > 優良企業立地制度 > 当別町の企業立地制度について
ホーム > 分類でさがす > しごとの情報 > 産業振興 > 商工業振興 > 当別町の企業立地制度について
ホーム > 分類でさがす > 町政情報 > 計画・施策 > 商工業 > 当別町の企業立地制度について

当別町の企業立地制度について

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年12月11日更新

企業立地のご案内

当別町は、町内の産業振興ならびに雇用機会の拡大を目的に、企業立地を推進しています。また、平成30年10月に企業立地促進条例を改正し、課税の免除および各種補助金の拡充を行いました。より充実した優遇制度により企業活動をサポートいたします。

当別町の企業立地 優遇制度

当別町の企業立地 優遇制度
優遇制度優遇額優遇期間
固定資産税を免除各年度 最大1億円

3年間

(食料品等製造業については5年間)

雇用援助

3年間で最大3,000万円補助

※当別町民1人につき50万円(正規雇用に限る)

3年間
法人町民税キャッシュバック

※新規立地に限る

各年度 全額補助

3年間
水道料キャッシュバック

※1ヶ月当たり1,000立法メートル以上使用の場合

各年度 全額補助

5年間

※4・5年目は1/2補助

町有地賃借料キャッシュバック

各年度 全額補助

5年間

※4・5年目は1/2補助

用地取得費補助

※民有地を取得する場合に限る

最大3,000万円補助

※用地取得費の1/2補助

1回のみ

用地賃借料補助

各年度 最大130万円補助

※用地賃借料の1/2補助

3年間

排水処理施設(浄化槽)設置補助

最大 100万円補助

※排水処理施設整備費用の1/2補助

1回のみ

再生可能エネルギー活用施設 設置費用

※太陽光パネルなど

最大 200万円補助

※設置費用の1/2補助

1回のみ

要件

新設のための投資額  2,000万円以上

          または

増設のための投資額  1,000万円以上

対象業種

  • 製造業(食料品・飲料・たばこ・飼料製造業等)
  • 卸売業
  • 植物工場
  • 建設業
  • 運輸業、郵便業
  • 情報通信業
  • 電気、ガス、熱供給、技術サービス業
  • サービス業
  • 小売業(店舗面積400平方メートル以上)
  • 飲食業(床面積300平方メートル以上)
  • 宿泊業 他

 ※詳しくはお問い合わせください

当別町について

当別町の概況

当別町は、石狩管内の北部に位置する人口1万6,000人の町です。道都札幌市に隣接していることから豊富な人材を確保できます。

交通インフラ面では、町内を縦断している国道275号が道北圏まで延びています。国道337号は、物流の拠点である石狩湾新港から新千歳空港までを結び、国道275号と交差します。このように、交通ネットワークが非常に恵まれた場所に当別町はあります。

また、本町の基幹産業は農業であり、米、麦、野菜、豆類、花卉等を中心に良質な農産物を生産しています。さらに、平成24年10月に当別ダムが完成したことにより安定した水資源の確保が可能となっています。

  • 恵まれた立地条件(・国道337号が持つ巨大マーケット・豊富な人材)
  • 少ない災害リスク
  • 豊富な農産物

外観

恵まれた立地条件

国道337号が持つ巨大マーケット

国道337号は、札幌市をはじめ、新千歳空港、物流拠点の石狩湾新港、観光地でもある小樽市まで、道央圏の交通の要所として充実したアクセスを誇っています。

当別位置図

自動車
  • 札幌市中心から40分
  • 石狩湾新港から30分
  • 新千歳空港から60分
  • 小樽市から60分
  • 苫小牧市から90分
JR
  • 札幌駅⇆石狩太美駅 31分
  • 札幌駅⇆石狩当別駅 37分
飛行機(新千歳空港から)
  • 羽田・成田 95分
  • 名古屋   105分
  • 大阪    120分
  • 福岡    145分
日本海側拠点港 小樽港・石狩湾新港 から
  • 新潟・舞鶴
  • ロシア・中国・韓国など各国へ
国際拠点港湾 苫小牧港 から
  • 東北・北陸・関東・東海・関西地方
  • 北米・中国・韓国などの各国へ
豊富な人材

札幌広域商圏には約287万人が居住しており、また、札幌半径20キロ商圏でも166万人が居住しています。

また、当別町には北海道医療大学、近隣には4つの大学があり、豊富な人材を確保できます。

少ない災害リスク

夏は冷涼な気候で過ごしやすく、周辺には豊かな自然が広がります。自然災害の少なさは全国トップクラスで、震度3以上の地震回数は他都市と比較して少なく、大規模な地震発生の確率も低いとされています。

また、梅雨がなく、台風の影響を受けることもほぼない地域です。

災害グラフ

豊富な農産物

当別町は豊かな水資源と恵まれた土地を活かした農業を基幹産業としています。米、麦、大豆を主力作物としながら、多種多品目の野菜づくりも行われています。

また、花き栽培も盛んで、年間販売額10億円を誇り、当別ブランドとして道外へも出荷しています。

農業