ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 分類でさがす > くらしの情報 > 税金 > 固定資産税 > 固定資産税・都市計画税とは

固定資産税・都市計画税とは

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年11月21日更新

固定資産税・都市計画税とは

固定資産税

 毎年1月1日(賦課期日)現在に、町内に土地・家屋・償却資産を所有している方に課される税金です。

都市計画税

 都市計画区域内、用途区域内に所在する土地・建物に対して課税され、区域整理や公園造成、街路整備などの都市計画事業に目的税として課税されます。

納税義務者は

 原則として固定資産の所有者となります。(1月1日現在)

 土  地

 登記簿または土地課税台帳に所有者として登記または登録されている人

 家  屋

 登記簿または家屋課税台帳に所有者として登記または登録されている人

 償却資産

 償却資産課税台帳に所有者として登録されている人

税額は

 次の算式により計算します。

 固定資産税課税標準額×税率(1.40/100) =固定資産税

 都市計画税課税標準額×税率(0.25/100) =都市計画税

免税点

 それぞれの課税標準額の合計が次の金額(免税点)に満たない場合は課税されません。

 土  地

 30万円

 家  屋

 20万円

 償却資産

 150万円

納税通知書の送付

 当別町では毎年6月1日(1日が土日の場合は翌週月曜日)に発送しております。

 納付する期日は年4回(6月、8月、10月、12月)に分かれます。 

家屋に関する届出について

 下記の場合は届出が必要になります。

 ・未登記家屋を取り壊した場合         家屋滅失申告書 [PDFファイル/37KB]

(登記している家屋を取り壊した場合は、法務局で滅失登記を行ってください。)

 ・未登記家屋の名義変更をした場合      未登記家屋取得届 [PDFファイル/40KB]

 また、住宅や車庫等の新築・増改築、一部滅失や建て替え等があった場合も資産税係までご連絡ください。

 日程調整後、調査にお伺い致します。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)