ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

転出の手続き

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年3月18日更新

当別町から他市区町村へ転出されるときに必要です。

届出場所・取扱時間

当別町役場1階住民課戸籍年金係窓口

月曜日から金曜日(祝日を除く) 8時45分から17時15分

届出期間

引越しをする前

必要なもの

異動届

・届出人の本人確認ができるもの
 運転免許証、パスポート、マイナンバーカード(個人番号カード)など公的機関の発行した顔写真付きであれば1点
 健康保険証、介護保険証、年金手帳、年金証書など公的機関の発行した顔写真のないものは2点

・国民健康保険証、介護保険証、後期高齢者医療被保険者証など、役場から交付を受けているもの

・印鑑登録をされている方は、転出日(予定日)をもって登録が廃止されます。
 印鑑登録証を窓口で返却、または、ご自身で廃棄してください。

※同一世帯員以外の任意代理人が届出する場合・・・委任する本人が記載した委任状(15歳未満の方のみの住所変更の場合は、親権者からの委任状が必要です)
※同一世帯員以外の法定代理人が届出する場合・・・戸籍謄本(本籍が当別町内の場合は不要)や登記事項証明書等、法定代理人の資格を証明する書類(原本) 

その他

・転出先の住所を記載する必要がありますので確認の上、届出をしてください。

・マイナンバーカード申請中に転出の手続きをされた場合は、新しくお住まいの市区町村役場で転入の手続後に
 再申請をされるようお願いします。

転出証明書の郵送請求について

転出届を出す前に町外に引越ししてしまった等、直接窓口に来られない場合、郵送で転出証明書を請求することができます。

・転出証明書請求書(郵送用)

・本人確認書類のコピー

・返信用封筒(宛先を記入し切手を貼ったもの)

上記3点をご用意の上、戸籍年金係宛てに送付してください。

有効なマイナンバーカード(顔写真付きのプラスチック製のカード)または住基カードをお持ちの方は、転出証明書の交付を受けなくても転入届ができます。
ご希望の方は転出証明書請求書の空きスペースに特例転出希望の旨をご記入ください。
この場合、返信用封筒は不要です。手続きが済み次第、戸籍年金係から電話連絡をいたします。

海外転出は転出手続きは必要ですが、転出証明書の発行はございませんので返信用封筒は不要です。

申請書ダウンロードページ

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)