ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 健康・福祉・医療 > 感染症・予防接種 > 成人期・高齢期予防接種 > 令和6年度まで延長!働く世代男性の風しん抗体検査・予防接種
現在地 トップページ > 分類でさがす > 健康・福祉・医療 > 健康づくり > 健診・検診 > 令和6年度まで延長!働く世代男性の風しん抗体検査・予防接種

本文

令和6年度まで延長!働く世代男性の風しん抗体検査・予防接種

ページID:0029818 更新日:2022年4月1日更新 印刷ページ表示

 2018年以降、風しんの患者数が増加していることを受け、これまで予防接種を受ける機会のなかった世代の男性に対し、風しんの抗体検査・予防接種を公費で実施しています。

風しんとは?

 発熱及び発しんを主な症状とし、咳やくしゃみなどにより人から人へ感染する、感染力が強い疾病です。
 妊娠中の女性が風しんに感染すると、子どもに眼や耳等の障がいを含む先天性風しん症候群が生じる可能性があります。

内容

 血液検査による抗体検査、抗体検査結果が陰性の場合、MR(乾燥弱毒生麻しん風しん混合)ワクチンの予防接種を行います。

対象者

 昭和37年4月2日~昭和54年4月1日生まれの男性
 ※対象者のうち、これまでクーポン券の利用がない方へ4月末にはがきを送付します。受診希望がある方は下記係へ申込み、クーポンの発行を依頼してください。

抗体検査を受けずに、風しんの予防接種をする必要がある方 

 平成26年4月以降に抗体検査が陰性であるという記録があり、抗体検査以降、風しんの予防接種を受けていないこ 
 とが確認できる場合

転入・転出された方

 住民票のある市町村でクーポン券の発券を受ける必要があります
 転入された方~転入前の市町村で、クーポンを使用していない場合、下記係へ連絡し、クーポンの発券を受けてください。
 転出された方~当別町から送付したクーポン券は使えませんので、転出先へ連絡し、クーポン券の発券を受けてください。

抗体検査及び予防接種の流れ

 (1)当別町より風しんの抗体検査及び予防接種のクーポンが送付される
 (2)実施医療機関で風しんの抗体検査を受ける
 (3)実施医療機関から抗体検査の結果を聞く
 (4)風しんの抗体検査結果が陰性の場合、実施医療機関でMR(乾燥弱毒生麻しん風しん混合)ワクチンの予防接種を受  
   ける

 受診時に必要なもの

 クーポン券、本人確認書類(運転免許証、被保険者証等の現住所を確認できるもの) 

料金

 無料
 ※令和4年3月末までに予防接種が受けられなかった場合、予防接種費用は自己負担となります。

クーポン券の有効期限

 令和4年(2022年)4月1日~令和5年(2023年)3月31日まで

実施医療機関

 全国の実施医療機関で受診することができます。
 下記のリンク先から、風しん抗体検査・予防接種実施機関を調べることができます。
 厚生労働省ホームページ 風しん抗体検査・予防接種実施機関 
 ※ホームページに載っていない医療機関等でも抗体検査や予防接種をしている場合もあります。
   あらかじめ医療機関へご自身で問合せしてから受診してください。
 ※特定健康診査や職場健診の機会に抗体検査を受診できる場合もあります。当別町国保加入者で特定健康診査と一緒
   に受けたい場合は下記係へ、職場健診と一緒に受けたい場合は健診機関へご自身でお問い合わせしてください。