ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

G Suite for Education利用に関する内容

ページID:0028792 更新日:2021年1月13日更新 印刷ページ表示

クラウドサービス「G Suite for Education」の利用について

 当別町教育委員会では、児童・生徒1人1人に児童・生徒用学習端末(パソコン)を貸し出し、学習を行うGIGAスクールの整備を進めております。

 当別町教育委員会及び各学校では、お子様の学習を円滑に継続するためにGoogleが提供するクラウドサービスの学習ツール「G Suite for Education」を導入し、授業を進めることといたしました。

 内容等については、次のとおりです。

 また、ご不明な点がございましたら、下記担当までお問い合わせください。

・G Suite for Education保護者向けガイド
 (https://services.google.com/fh/files/misc/ja_guardians_guide_to_g_suite_for_education.pdf

・G Suite for Education利用規約
 (https://workspace.google.co.jp/intl/ja/terms/education_terms_japan.html


 下記のお知らせでは、Google が児童・生徒の個人情報について行えること、行えないことに関して、よく寄せられる次のような質問にお答えしています。

  • Google ではどのような個人情報を収集していますか?
  • Google は収集した個人情報をどのように使用していますか?
  • Google が児童・生徒の個人情報を開示することはありますか?
  • 幼稚園から高等学校までの児童・生徒の個人情報が Google によって広告の表示目的で使用されることはありますか?
  • 児童・生徒が G Suite for Education アカウントを使用して他のユーザーと情報を共有することは可能ですか?

保護者の皆様への G Suite for Education に関するお知らせ

 このお知らせでは、G Suite for Education アカウントに関して Google に提供する個人情報と、Google がこれらのアカウントに関連して児童・生徒から収集して使用、開示する個人情報についてご説明いたします。

 児童・生徒は G Suite for Education アカウントを使用して、Google が提供する次の「コアサービス」にアクセスし、利用することができます(コアサービスについては https://workspace.google.com/terms/user_features.html をご参照ください)。
 ※ 一部、機能を制限している部分がございます。

  • Gmail
  • Currents
  • カレンダー
  • Chrome 同期
  • Classroom
  • Cloud Search
  • 連絡先
  • ドキュメント、スプレッドシート、スライド、フォーム
  • ドライブ
  • Google グループ
  • Google ハングアウト、Google Chat、Google Meet、Google トーク
  • Jamboard
  • Keep
  • Google サイト
  • Vault

 また、児童・生徒が G Suite for Education アカウントを使用して、他の特定の Google サービスにアクセスすることも許可しています。具体的には、お子様は次の「追加サービス」(追加サービスの一覧については https://support.google.com/a/answer/181865 をご覧ください。)にアクセスできる場合があります。
※ 一部、機能を制限している部分がございます。

  • YouTube、Google マップ 他

 「G Suite for Education のプライバシーに関するお知らせ」では、Google による G Suite for Education アカウント情報の収集、使用、開示について詳しく説明されています。
 このお知らせは https://workspace.google.com/terms/education_privacy.html でご覧いただけますので、全体をよくご確認ください。
 また、以下のよくある質問への回答もご覧ください。

Google ではどのような個人情報を収集していますか?

 学校・教育委員会では、児童・生徒のアカウントを作成する際に、氏名、メールアドレス、パスワードなど、児童・生徒に関する特定の個人情報を Google に提供することがあります。また、Google では、アカウント復元のための電話番号や G Suite for Education アカウントに追加されたプロフィール写真などの個人情報を児童・生徒から直接収集する場合があります。

 児童・生徒が Google サービスを利用する際、Google ではそのサービスの使用状況に基づいて次のような情報も収集します。

  • デバイス情報: ハードウェア モデル、オペレーティング システムのバージョン、デバイス固有の ID、電話番号などのモバイル ネットワーク情報など
  • ログ情報: ユーザーによる Google サービスの利用状況の詳細、デバイスのイベント情報、ユーザーのインターネット プロトコル(IP)アドレスなど
  • 位置情報: IP アドレス、GPS、その他のセンサーなど、さまざまな技術によって検出される位置情報
  • 固有のアプリケーション番号: アプリケーションのバージョン番号など
  • Cookie または同様の技術により収集、保存されるブラウザやデバイスに関する情報(使用言語やその他の設定など)

Google は収集した個人情報をどのように使用していますか?

 G Suite for Education のコアサービスでは、サービスの提供、維持、保護のために児童・生徒の個人情報を使用しています。Google がコアサービスに広告を配信したり、コアサービスで収集した個人情報を広告目的で使用したりすることはありません。

 Google の追加サービスでは、サービスの提供、維持、保護、改善、新サービスの開発、Google とそのユーザーの保護のために、すべての追加サービスで収集した情報を使用しています。また、Google では、関連性がより高い検索結果を表示するなど、ユーザーに合わせてコンテンツをカスタマイズするためにこうした情報を使用することもあります。さらに、Google のあるサービスから取得した個人情報を、Google の他のサービスから取得した情報と結び付けて使用することもあります。

幼稚園から高等学校までの児童・生徒の個人情報が Google によって広告の表示目的で使用されることはありますか?

 いいえ。幼稚園から高等学校までの G Suite for Education ユーザーについては、G Suite for Education アカウントを使用してアクセスしたコアサービスや追加サービスにおいて、ユーザーの個人情報(あるいは G Suite for Education アカウントに関連付けられているすべての情報)が広告の表示目的で使用されることはありません。

児童・生徒が G Suite for Education アカウントを使用して他のユーザーと情報を共有することは可能ですか?

 学校では、児童・生徒が他のユーザーと情報を共有したり、一般公開で情報を共有したりすることが可能な機能を含む Google サービス(Google ドキュメントやサイトなど)へのアクセスを児童・生徒に許可することがあります。ユーザーが一般公開で共有した情報は、Google などの検索エンジンによってインデックスに登録される場合があります。

Google が児童・生徒の個人情報を開示することはありますか?

 以下のいずれかに当てはまる場合を除いて、Google が個人情報を Google 以外の企業、組織、個人と共有することはありません。

・保護者の同意を得た場合。
 
Google は、G Suite for Education を利用している学校・教育委員会を通じるなどして保護者の方の同意を得ている場合(同意年齢未満のユーザーが対象)、個人情報を Google 以外の企業、組織、または個人と共有します。

・学校・教育委員会と共有する場合。
 
G Suite for Education アカウントは学校・教育委員会で管理されているため、学校・教育委員会の管理者は G Suite for Education アカウントに保存されている情報にアクセスできます。

・外部処理を目的とする場合。
 
Google は、Google の指示、G Suite for Education のプライバシーに関するお知らせ、適切な機密性保持およびセキュリティの措置に基づいたうえで、情報処理を委託するために Google の関連会社、あるいは信頼できる企業または個人に個人情報を提供することがあります。

・法的な理由がある場合。
 
Google は、個人情報に対するアクセスと、個人情報の利用、保存、または開示が、以下の理由で合理的に必要だと判断した場合、その情報を Google 以外の企業、組織、または個人と共有します。

  • 適用される法律、規制、法的手続き、または強制執行可能な行政機関の要請に応じるため。
  • 違反の可能性の調査など、該当する利用規約を徹底するため。
  • 不正行為、セキュリティや技術上の問題について検出、阻止、またはその他の対処を行うため。
  • 法律上必要な範囲、または許可される範囲で、Google、Google ユーザー、あるいは公衆の権利、財産、安全性が損なわれないよう保護するため。

 Google は、個人情報以外の情報(Google サービスの利用に関する傾向など)を公開したり、パートナーと共有したりする場合もあります。

保護者にはどのような選択肢がありますか?

 まず、保護者の方は Google がお子様の情報を収集、使用することに同意することができます。同意なさらない場合、学校・教育委員会ではお子様の G Suite for Education アカウントは作成せず、Google がお子様の情報を収集、使用することはありません。

 お子様の G Suite for Education の利用に同意される場合でも、保護者の方はお子様の G Suite for Education アカウントにアクセスしたり、下記お問い合わせ先に連絡してアカウントの削除を要請したりすることが可能です。お子様の情報の収集と使用の停止を希望される場合は、機能やサービスへのアクセスを制限できる「サービス使用制限」の適用や、お子様のアカウントの完全な削除を学校・教育委員会に要請していただけます。
 また、保護者の方とお子様は、G Suite for Education アカウントにログインして https://myaccount.google.com/ にアクセスし、アカウントの個人情報や設定を確認、管理することが可能です。

その他の質問がある場合や、さらに詳しく知りたい場合はどうすればよいですか?

 学校での G Suite for Education アカウントの利用や、保護者の方が選択できる方法に関してご不明な点がございましたら、下記お問い合わせ先までお問い合わせください。サービスの提供を目的とした Google による個人情報の収集、使用、開示について詳しくは、
G Suite for Education プライバシー センター(https://www.google.com/edu/trust/)、
G Suite for Education のプライバシーに関するお知らせ(https://workspace.google.com/terms/education_privacy.html)、
Google プライバシー ポリシー(https://www.google.com/intl/ja/policies/privacy/
をご覧ください。

 なお、G Suite for Education のコアサービスは、G Suite for Education 利用規約(https://www.google.com/apps/intl/ja/terms/education_terms.html)の下に提供されています。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


社会教育施設のご案内
歴史と文化財のお知らせ
社会教育関係各種計画・委員会等
申請書ダウンロード