ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 新型コロナウイルスワクチン接種について > 成年被後見人等に対する新型コロナウイルスワクチン接種について

成年被後見人等に対する新型コロナウイルスワクチン接種について

印刷用ページを表示する 掲載日:2021年4月6日更新

成年被後見人等に対する新型コロナウイルスワクチン接種に関すること

接種券の郵送について

接種の対象者が成年被後見人等で、本人による接種券の受け取りが困難な場合は、接種券の送付先を成年後見人や保佐人、補助人、任意後見人(以下「成年後見人等」という。)に設定することが可能となっています。

送付先変更を希望される場合は、成年後見登記制度に基づく登録事項証明書(の写し)等により、成年後見人等と接種の対象者との関係、成年後見人等の送付先住所の確認を行いますので、当別町新型コロナウイルスワクチン接種対策室までご連絡ください。

接種を受ける際の同意の確認について

成年被後見人が接種を受けるにあたっては、まず、成年被後見人ご本人に、必要な情報をしっかりと伝えてください。その上で、ご本人の意思を可能な限り確認してください。

・ご本人の同意ができた場合は、ご本人による自署又は代筆

・ご本人の接種の意思を確認することが難しい場合は、成年後見人による署名

※成年後見人による署名をする場合は、家族や医療・ケアチーム等、成年被後見人ご本人の周りの方と相談しながらご判断いただくようお願いいたします。

なお、被保佐人や被補助人、任意後見制度の被後見人の場合には、保佐人や補助人、任意後見人による署名はできないため、原則どおり接種の意思を本人に確認した上で、本人の自署又は本人の接種の意思を確認した者の代筆により接種の同意欄に署名すること。この場合、本人の接種の意思を確認した上での代筆であれば保佐人や補助人、任意後見人が行うことも可能となっています。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)